面長顔 小顔 メイク術 眉毛 チーク ハイライト

面長顔の小顔メイク術

このページでは面長顔の人に向けた小顔メイク術をご紹介します。
小顔に見せるために目指すべき顔の形は、卵型です。
面長の人は顔が長いのが特徴ですので、各ペーツの横のラインを強調することで卵型に近づけていきます。

 

シェーディング

シェーディングは額の髪の生え際と、アゴに入れていきます。
こうすることで顔を短く見せる効果があります。
肌の色より1トーン暗い色を使い、丸みが出るように塗りましょう。塗りすぎると不自然になるので気をつけてください。

 

ハイライト

鼻筋に縦に引いてしまうと面長が強調されてしまうので、眉間に控え目につける程度にしておきます。
この他に、目尻の外側に半円を描くように付けると面長を緩和できます。

 

アイメイク

アイシャドウは下まぶたにも入れましょう。涙袋を作る感じです。目と口の距離を短く見せる効果があります。
アイラインは目尻をやや長めに引いて、横のラインを強調します。
マスカラも同様に目尻よりを長めにつけましょう。

 

眉毛

おすめは平行眉です。
少し太めに書くことで、顔の面積を小さく見せる効果があります。
薄めの色でやわらかく仕上げるようにしましょう。

 

チーク

やや内側に横長に入れましょう。黒目の下あたりをまで入れても大丈夫です。逆に外側ばかりに入れてしまうと面長が強調されてしまいます。
また、ほほ骨より下に入れるのが小顔に見せるポイントです。

 

リップ

上唇をやや厚めに塗るのがポイントです。口と鼻の距離を短く見せる効果があります。
かといって、下唇よりもぶ厚くならないようにしてください。

  スポンサーリンク

面長顔の小顔メイク術|眉毛・チーク・ハイライト関連ページ

丸顔向けメイク
丸顔を小顔に見せるメイクテクニックを掲載。眉毛、アイメイク、チーク、シェーディングなど、顔を小さくするメイク方法を詳しくお伝えします。
ベース顔向けメイク
ホームベース顔や四角顔の人におすすめの小顔メイクをご紹介します。シェーディングやハイライトでエラを隠すメイク方法などを掲載。
目と眉毛を近づける方法
目と眉毛の距離を近づけると顔が引き締り小顔に見えます。このページではまぶたが広い人などにおすすめのメイク術をご紹介します。アイブロウやアイメイク、ノーズシャドウの入れ方など堀を深くして顔を小さく見せる秘訣を伝授します。
涙袋の作り方
涙袋は小顔に見せる効果があります。このページでは顔を小さく見せる涙袋の作り方をご紹介します。アイシャドウのつけ方やウインクで鍛える下まぶたエクササイズのやり方など。