親知らず 小顔になった

親知らずを抜くと小顔になる?

親知らずを抜くと小顔になるという噂がありますが本当でしょうか?

 

その前にまずは親知らずについて簡単にご説明します。
親知らずとは、奥歯の中で最も奥にある歯です。親の手がかからなくなった20歳前後に生えてくることから、親知らずと呼ばれるようになったと言われています。

 

親知らずは上と下の奥歯に2本ずつの計4本生えてくるのが一般的で、傾いてまっすぐに生えてこないケースが多いです。斜めに生えてくることで隣の歯にぶつかってしまい、歯並びが悪くなったり虫歯の原因になったりするので、
抜いたほうがよいとされています。

 

実際に親知らずを抜いた人によると、多少なりとも小顔になったという話です。
自分の顔を手で触った感触で、抜いてない側のアゴに比べて、抜いた側の方がわずかに小さい感じがするそうです。
また、抜歯前と抜歯後のレントゲン画像を比較しても、1〜2ミリほど歯茎が薄くなっていたといいます。
このように親知らずを抜くと、わずかですが小顔になるようです。

 

また、歯を抜くとそれを支えている骨(歯ぐき)も痩せていきます。
ですので、親知らずが生えている場所によっても違いが出ると言われています。
例えば、下の親知らずを抜くとエラが小さくなったり、上の親知らずを抜くと頬骨の下あたりが痩せて見えるようになったりです。

 

また、まっすぐに生えている親知らずを抜く場合は、奥歯の噛み合う歯が減る分、
エラの筋肉が痩せて小顔になるケースもあるのだとか。

 

親知らずを抜くのはとても怖いと思いますが、小顔になれると思えば少しは勇気が出てきますね。

  スポンサーリンク

親知らずを抜いて小顔になったは嘘?関連ページ

小顔ファッション
このページでは顔を小さく見せる小顔ファッションについて詳しくお伝えします。小顔効果のある服装や洋服の色やデザインのほか、顔のタイプ別のピアスの選び方や帽子、サングラスなどの小物など。
無料の小顔アプリ
AndroidやiPhoneで使える無料の小顔アプリをご紹介します。ゲームをしながら表情筋をトレーニングできる『小顔っくま』や、簡単に顔を小さくするカメラアプリ『YouCam Perfect』など。
写真の写り方・ポーズ
顔を小さく見せる写真の写り方をご紹介します。小顔に見えるポーズや表情、顔の角度、遠近法を使ったテクニック、プリクラや自撮りのコツなどさまざまな多数掲載。