小顔 ファッション

顔を小さく見せる小顔ファッションについて

服装をちょっと工夫するだけでも顔を小さく見せることができます。
実際には顔が小さくなっているわけではありませんが、
小顔に見えるという結果が得られるので、効果があるものはどんどん取り入れていきましょう。

 

まず、服装でのポイントは首まわりです。
大きめの襟がついている洋服は、襟と顔の対比で顔を小さく見せる効果があります。
襟が大きい服を着ていると、相手はぱっと見で「襟が大きい!?」ではなく「小顔だなぁ」と無意識に感じるのです。

 

他には、首まわりをスッキリさせるテクニックも効果的です。
デコルテ(首から胸元にかけて)部分を出すことで、小顔効果が得られます。
たとえば、Vネックやスクエアネックなど鎖骨が見える服がおすすめ。
顔の長さ以上にデコルテ部分を見せることで、首が長く見え、顔が小さく見えるのです。

 

小顔のNGファッション

逆にNGなのは、タートルネックや首周りが狭めのクルーネック(丸いネックライン)などです。
これらのデザインは顔の大きさを強調してしまいます。

 

また、顔が大きい人があまりにもピチッとした服を着ると、
体型がシャープに見えるぶん、顔の大きさが際立ってしまうので注意が必要です。
色に関しても同様で、黒や紫など体型をスッキリと見せる色は、肩幅を狭く見せてしまい顔が大きく見える傾向があります。

 

顔が長い面長顔の人は、ストライプ柄は避けたほうがいいでしょう。
ストライプ柄は縦のラインが強調されるので体型をスリムに見せてくれますが、それと同時に顔の長さも強調されてしまうからです。

 

ファッションアイテムで顔を小さく見せる

ピアスやイヤリングを上手に使うと小顔効果が得られます。
大きな物をつけると顔が小さく見えるとよく言われていますが、
顔の形によっては逆効果になる場合もあるので気をつけなくてはいけません。

 

たとえば、丸顔の人が丸いフープピアスなどをつけると、顔の丸さが強調されてしまい逆効果です。
丸顔の人はロングチェーンタイプで縦の長さを強調することで丸みが緩和されます。

 

逆に面長の人は縦のラインを弱めるために、丸みがある大ぶりのデザインのものを選ぶといいでしょう。
ベース型の人も同様ですが、垂れ下がるタイプのものはエラに視線がいきやすくなるのでNGです。

 

この他、めがねやサングラス、帽子なども上手く使えば顔を小さく見せることができます。
ポイントは顔よりも大きなものを選ぶということ。
めがねやサングラスなら、顔の幅よりも大きいものを選びましょう。
小さいものをかけていると顔の輪郭が強調されてしまいます。

 

帽子も同様です。
小さい帽子は顔を大きく見せてしまうのでNG。
つばが長くて広いハットなどがおすすめです。顔より帽子が大きいので、かぶっているだけで小顔に見えます。

 

 

いかがでしたか?
以上を参考にして自分に合った小顔ファッションをぜひ研究してみてください。

  スポンサーリンク

顔を小さく見せる小顔ファッション関連ページ

無料の小顔アプリ
AndroidやiPhoneで使える無料の小顔アプリをご紹介します。ゲームをしながら表情筋をトレーニングできる『小顔っくま』や、簡単に顔を小さくするカメラアプリ『YouCam Perfect』など。
親知らずの抜歯
親知らずを抜くと小顔になるという噂は本当なのでしょうか?このページでは親知らずと小顔の関係について詳しくご紹介します。
写真の写り方・ポーズ
顔を小さく見せる写真の写り方をご紹介します。小顔に見えるポーズや表情、顔の角度、遠近法を使ったテクニック、プリクラや自撮りのコツなどさまざまな多数掲載。