表情筋 ストレッチ 方法

表情筋のストレッチの必要性

表情筋をトレーニングしたあと、そのままにしておくと筋肉が硬くなり萎縮してしまいます。
すると、皮膚の表面が引っ張られしまい深いシワの原因になることがあるので注意が必要です。

 

とくに40代以降の方は若いときに比べて皮膚のハリが低下しているので、シワになりやすい傾向にあります。
ですので、表情筋のエクササイズのあとや、よく笑った日などはしっかりと表情筋のストレッチを行うようにしましょう。

 

表情筋のストレッチの注意点

手の指を使って表情筋をマッサージしてほぐしていきます。
ポイントは軽い力でやさしく行うことです。
顔の皮膚は想像以上にデリケートなので、強くやり過ぎると伸びてしまいます。必ずソフトタッチで行ってください。

 

それと筋肉が走っている方向を意識することも大切です。
筋肉に沿うようにマッサージしてきましょう。

 

表情筋のストレッチ方法

基本的なやり方は同じです。
各表情筋に左右の人差し指を当てて、右手と左手をそれぞれ反対方向に滑らせていきます。
スー、スー、スーと3回ずつ伸ばしていきましょう。終わったら逆側も同様に行いましょう。

 

ストレッチをする場所は以下の通りです。

  • 上唇挙筋:小鼻の横に縦に走っています。小鼻の横を中心に上下に伸ばしましょう。
  • 大頬骨筋:口角からコメカミに向かって斜めに伸びています。口角を中心に斜め上下にストレッチします。
  • 口角下制筋:口角からアゴに向かって真下に伸びています。口角を中心に上下に伸ばしていきます。
  • 皺眉筋:眉毛の眉間寄りにある筋肉です。眉頭を中心に上下やや外側方向へ伸ばしていきます。

 

この他の表情筋も同じように、筋肉に沿って行ってみてください。

  スポンサーリンク

表情筋のストレッチ方法関連ページ

表情筋の効果
小顔づくりに効果のある代表的な表情筋をご紹介します。各表情筋の説明やエクササイズによる効果などを詳しく解説。
目元の筋トレ方法
目元のたるみやクマなどに効果的な眼輪筋の筋トレ方法をご紹介します。眼輪筋をほぐすウォーミングアップのやり方やトレーニング方法などを掲載。
舌回しエクササイズ
舌回しエクササイズは小顔作りにとても効果的な方法です。このページでは舌回しの効果ややり方、後頭部がジーンとする場合の対象法などをお伝えします。
小顔ストレッチのやり方
表情筋をストレッチして顔を小さくする方法をご紹介します。小顔効果の他にも血流やリンパの流れが良くなり、シミ・しわ・むくみ・たるみなどの解消につながります。
割り箸で笑顔トレーニング
笑顔にいは顔を小さく見せる効果があります。このページでは割り箸を使って口角を上げる笑顔トレーニングのやり方をご紹介します。この他にも小顔と笑顔の関係についても詳しく掲載。
クールダウンのやり方
このページでは表情筋のエクササイズと乳酸の関係についてご紹介します。乳酸が顔のむくみの原因になるかやリップロールの小顔効果などについてお伝えします。
肩こり解消法
肩こりは小顔作りの大きな障害になります。このページでは肩こりが及ぼす小顔への悪影響や肩こりの解消方法などを詳しく解説しています。肩こりの予防策やストレッチ方法、肩甲骨回しを取り入れた小顔体操など。