顔を小さくする ストレッチ やり方

顔を小さくする表情筋のストレッチについて

体に筋肉があるように顔の内側にも筋肉がついています。
これを表情筋といい、笑ったり、喋ったり、まばたきするときなど、顔の表情を動かすときに自然に使われている筋肉です。

 

表情筋を意識的に動かすことで、まぶたをスッキリさせたり、頬をリフトアップすることなどができますが、エクササイズ後に表情筋のケアしないと、筋肉が硬くなってしまい、シワやむくみの原因になるので気をつけなければいけません。

 

1日1回は顔のストレッチをして表情筋をケアしてあげましょう。
そうすることで表情筋がほぐれ、顔の血流やリンパの流れが良くなり、顔を小さくすることができます。

 

顔を小さくするストレッチのやり方

大きく口を開いていきます。

  1. 「ウー」と口をすぼめで3秒キープ。顔のパーツを中心に集めるイメージでくしゃっとさせるのがポイント。
  2. 「アー」と大きく口を開いて3秒キープ。目も大きく見開きましょう。
  3. 「イー」と横に大きく口を開いて3秒キープ。歯を閉じて前歯を見せる感じです。
  4. 「オー」と縦に大きく口を開いて3秒キープ。ほうれい線を伸ばすイメージです。

これを3回繰り返します。

 

最後は顎の下と首筋を伸ばしていきます。

  1. 顔を上に向けて「ウー」の口をして3秒キープ。
  2. 一度顔を下ろします。
  3. 今度は顔を右上持ち上げて「ウー」の口で3秒キープ。
  4. 顔を下ろします。
  5. 最後は顔を左上持ち上げて「ウー」の口で3秒キープ。

これを3回繰り返します。

 

以上、顔を小さくするストレッチ方法をご紹介しました。
ぜひ続けてみてください。

  スポンサーリンク

顔を小さくするストレッチのやり方関連ページ

表情筋の効果
小顔づくりに効果のある代表的な表情筋をご紹介します。各表情筋の説明やエクササイズによる効果などを詳しく解説。
目元の筋トレ方法
目元のたるみやクマなどに効果的な眼輪筋の筋トレ方法をご紹介します。眼輪筋をほぐすウォーミングアップのやり方やトレーニング方法などを掲載。
舌回しエクササイズ
舌回しエクササイズは小顔作りにとても効果的な方法です。このページでは舌回しの効果ややり方、後頭部がジーンとする場合の対象法などをお伝えします。
割り箸で笑顔トレーニング
笑顔にいは顔を小さく見せる効果があります。このページでは割り箸を使って口角を上げる笑顔トレーニングのやり方をご紹介します。この他にも小顔と笑顔の関係についても詳しく掲載。
表情筋のストレッチ
大頬骨筋や皺眉筋など各表情筋のストレッチ方法を詳しくご紹介します。この他にも表情筋のストレッチの必要性や注意点などを掲載。小顔作りにぜひお役立てください。
クールダウンのやり方
このページでは表情筋のエクササイズと乳酸の関係についてご紹介します。乳酸が顔のむくみの原因になるかやリップロールの小顔効果などについてお伝えします。
肩こり解消法
肩こりは小顔作りの大きな障害になります。このページでは肩こりが及ぼす小顔への悪影響や肩こりの解消方法などを詳しく解説しています。肩こりの予防策やストレッチ方法、肩甲骨回しを取り入れた小顔体操など。