鼻の下 短く 方法 エクササイズ

鼻の下を短くする方法

鼻の下から唇までの距離が長いと、老けた印象を与えてしまいます。逆に鼻の下が短いと若い印象を与えます。

 

実際に加齢により鼻の下が伸びてしまうのをご存知でしたか?
鼻の下が間延びしてしまうのは、加齢により顔の筋肉が衰えてたるんでくる事が主な原因です。
それに加えて、唇が薄くなっていく事で更に鼻の下が長く見えてしまうのです。

 

ですが、エクササイズを行なって顔の筋肉を活性化すれば鼻の下を短くする事ができます。
そのやり方を以下でご紹介します。

鼻の下を短くするエクササイズのやり方

鼻の下を短くする方法はいくつかありますので、その中でもとくに効果的な方法をご紹介します。

 

アヒル口エクササイズ

口を閉じた状態で、指を口の両端にあて、外側に引きます。
そのまま、上唇を前に突き出してアヒル口を作りましょう。
20秒間キープすればOKです。

 

笑顔を作る

口角を上げて笑顔を作ると鼻の下の筋肉が鍛えられます。鏡に向かって歯を見せるくらいまで笑顔をつくるとより効果的です。
また、口角が上がっているだけでも、下がっている時に比べて鼻の下が短く見えるので、普段から口角を上げておくように意識するといいでしょう。

 

鼻の下に鉛筆を挟む

鼻の下に鉛筆やストローを挟むだけです。
挟んだ状態で5秒間キープして、それを5回繰り返します。

 

歯茎の裏に舌をあてる

上の歯茎の裏側に舌をあてキープする方法です。
前歯の裏から舌を這わせていくと大きくへこんでいる場所があります。
ここに舌を固定させるという方法です。

 

 

ぜひ試してみて自分に合った方法を続けてみてください。

  スポンサーリンク

鼻の下を短くする方法やエクササイズ関連ページ

ペットボトル・エクササイズ
ペットボトルを使って顔を小さくする方法をご紹介します。ほうれい線や下っ腹にも効果的なペットボトル小顔エクササイズのやり方について。
顔ヨガのやり方
顔ヨガ(フェイスヨガ)のやり方をお伝えします。顔ヨガのポーズごとに効果などを詳しく解説!
顔のツボ押し
小顔作りに効果的なツボをご紹介しています。太陽・頬車・上廉泉など顔を小さくするツボの押し方や効果など。
リンパマッサージの方法
小顔効果のあるリンパマッサージの方法をご紹介します。顔を小さくするリンパマッサージの効果についてや、より効果的なウォーミングアップのやり方なども掲載しています。
ほうれい線の消し方
くっきりとしたほうれい線は顔を大きく見せてしまいます。このページでは小顔の大敵でもあるほうれい線の消し方について詳しくご紹介します。表情筋のエクササイズが逆効果と言われている理由や美顔ローラーの効果など。
鼻を高くする方法
顔の骨格を立体的に見せることで小顔効果を得られます。このページでは鼻を高くする方法の他に、ハイライトとシェーディングを使ってメイクで顔を立体的に見せる方法をご紹介します。
骨盤枕を使った方法
骨盤枕の小顔効果についてご紹介します。骨盤枕の作り方、やり方、効果などについて詳しく掲載。この他にも骨盤と頭蓋骨の関係などもお伝えします。
骨盤やO脚との関係
小顔作りには骨盤の歪みやO脚などの脚のねじれが関係しています。このページでは顔を小さくする間接的な方法として骨盤の歪みやO脚の治し方をご紹介します。
猫背を治す
猫背と小顔の関係について詳しくお伝えします。猫背を治す方法や簡単な姿勢の正し方のコツなども掲載。猫背の予防法やストレッチのやり方、ストレッチポールなどについてもご紹介します。