小顔 髪型 ロング ショート ミディアム 黒髪

小顔に見える髪型について

髪型による小顔効果は絶大です。
どんな顔の形の人にも共通する顔を小さく見せるポイントとしては、
頭全体のシルエットをひし形に見せることです。

 

詳しくは以下で解説します。

 

ショートの場合

丸顔

丸顔の人は顔を縦に長く見せるのが基本です。
トップにふんわりとボリュームをもたせて、サイドはできるだけ横に広がらないようにしましょう。
前髪やサイドの毛でほっぺたを隠せば、よりほっそりした印象を与えることができます。

 

面長顔

面長顔の人はショートヘアにするだけでも縦に長い印象が薄れるのでおすすめです。
スタイリングのポイントはトップのボリュームを抑えて、サイドをふわっとさせること。
頭全体のシルエットがひし形になるように意識してください。
また、おでこはできるだけ隠したほうがいいでしょう。

 

ベース顔(エラ張り顔)

ベース顔の人もきれいなひし形になるように意識してください。
トップにボリュームを出して、サイドはエラよりも上の位置をふわっとさせましょう。
ウェーブをつけるとやわらかい印象を与えることができます。

 

ミディアム・ロングの場合

丸顔

トップにふんわり感を出して、サイドはボリュームを抑え気味に。
エラの位置に動きをつけると顔が大きく見えてしまうので、毛先に動きをつけるなら首元あたりからにしましょう。

 

面長顔

ロングはどうしても縦に長い印象を与えてしまうので、できるだけ工夫します。
まずトップにボリュームが出ないように注意。
サイドは頬骨あたりをふわっとさせると全体のシルエットがひし形になります。ゆるめのウェーブで動きをつけるのもおすすめです。
それから毛先が重くならないようにするのも大事なポイントなので押さえておきましょう。

 

ベース顔(エラ張り顔)

サイドの毛でエラ部分を自然に隠すのが一番のポイントです。
ただし、隠す毛の量が多すぎると全体で見たときに重い印象を与えてしまうので、上手く調節してください。

黒髪の小顔効果は?

黒髪は、茶髪よりも顔を引き締めて見せる効果があります。
黒いストッキングを穿くと脚が細く見えるのとを同じですね。

 

写真の技法にフレーム効果というのがあります。
被写体を額縁などで取り囲むことで、被写体を引き締めるテクニックです。
顔のまわりに黒髪があると、このフレーム効果と同じ効果が得られるのです。

  スポンサーリンク

小顔に見える髪型とは?ロング・ショート・ミディアム・黒髪関連ページ

前髪
顔のタイプ別に小顔に見える前髪をご紹介しています。ぱっつんや前が見なしなど、丸顔、面長顔、エラ張り顔(ベース顔)ごとに分け解説。メンズも必見です!
前髪の切り方
顔を小さく見せる前髪の切り方をご紹介します。顔のタイプ別小顔効果のある前髪やぱっつんにならない方法など。
男性のヘアスタイル
男性向けに小顔に見える髪形をご紹介します。丸顔や面長顔のメンズに似合うヘアスタイルを掲載。小顔に見えるポイントやNGな髪型などをお伝えします。