顔太り 原因 顔だけ太る

顔太りの原因は食べ物?

ハーバード大学が約13万人を対象に行なった長期研究によれば、フレンチフライやポテトチップスなど油で揚げたジャガイモは、あらゆる食べ物の中で最も太りやすい食べ物だということが判明したといいます。

 

ただし、食べ物を食べて太る場合は、顔だけではなく体全体が太っていきます。
ですので、特定の食べ物を食べて顔だけが太るということは基本的にはありません。

 

では、顔だけが太ってしまうのには、どんな原因があるのでしょう?

顔だけ太るのはなぜ?

顔だけが太っていくのにはさまざまな原因があります。
主な原因は以下のようなものです。

 

むくみ

血液やリンパの流れや悪くなると老廃物が溜まり、水分が体内に滞りやすくなります。
その結果、むくみが起こります。

 

塩辛い食べ物や水分の取り過ぎは、むくみを起こす原因になるので注意しましょう。
この他に、肩こりなど筋肉がこり固まっている状態も、血液の循環が悪くなるので、むくみの原因になります。

 

たるみ

顔の皮膚や筋肉がたるんでしまい、下に垂れ下がっている状態です。
加齢による皮膚のたるみの他に、顔の筋肉が衰えている場合もたるんできます。
ほっぺたが下がってくるブルドック顔や顎がたるむ二重あごなどが主な例です。
無表情の人は顔の筋肉があまり使われず、たるみやすいので気をつけましょう。

 

筋肉太り

顔の筋肉が発達し過ぎて顔が大きく見えるケースもあります。
とくに多いのが、歯ぎしりをしたり歯を食いしばる癖のある人です。このような癖のある人は、エラの筋肉が発達して顔の下半分が大きく見えてしまいます。
筋肉は使わなければ衰えていき、大きくなることはありませんので、歯ぎしりや噛みしめなどの癖を治すようにするといいでしょう。

 

骨格ゆがみ

長年の生活習慣によって頭蓋骨が歪んでしまい、顔や頭が大きくなった状態のことです。
頭蓋骨の歪みを矯正するには、整体やカイロプラクティックなどに通う必要があります。

 

この他にも、骨盤の歪みも顔を大きく見せる原因になります。
骨盤が歪むと、肩こり・腰痛・内蔵機能の低下など、むくみの原因となるさまざまな症状を引き起こします。
骨盤が歪まないようにするには、正しい姿勢で生活するように意識するといいでしょう。

 

 

以上が、顔だけ太る場合の主な原因です。

  スポンサーリンク

顔太りの原因は食べ物?顔だけ太るのはなぜ?関連ページ

顔のサイズの測り方
頭の長さや幅、奥行きなど、ティッシュ箱を使って簡単に顔の大きさを測る方法をお伝えします。そのほか頭の周囲の測り方や頭身の計算方法など。
顔の大きさの平均値
日本人の顔の大きさの平均サイズをお伝えします。顔の長さ、顔の幅、頭の奥行き、周囲などの平均値の男女別データなど。