顔を小さくする食べ物 むくみ

顔を小さくする食べ物でむくみを解消しよう

食事の内容を見直すだけで、かなりの小顔効果があるのをご存知でしょうか。
たるみやむくみ、脂肪太りなど、食べる物を少し意識するだけで全然違ってきます。
脂肪太りの場合は効果が出るのに多少時間がかかりますが、むくみは数日で効果が出てくるので非常におすすめです。

 

顔を小さくする食事の基本は栄養のバランスを考えることです。
とくに小顔効果の高い栄養素はビタミン・ミネラル・食物繊維です。

 

ビタミン

下記は小顔に良いビタミンです。
ビタミンA:レバー、にんじん、ほうれん草、ピーマン、ニラなど
ビタミンB1:豚肉、ハム、玄米、蕎麦、のり、きな粉、ひまわりの種など
ビタミンB2:卵、納豆、アーモンド、ししゃも、うなぎ、チーズなど
ビタミンC:レモン、グレープフルーツ、キウイ、ブロッコリー、パプリカ、パセ、アセロラなど

 

ミネラル

ミネラルとは、カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などのことでです。
牛乳、ヨーグルト、大豆、アーモンド、レバー、牡蠣(カキ)などに多く含まれています。

 

植物繊維

植物繊維には、昆布・わかめ・こんにゃく・果物などの水溶性の食物繊維と、
そば・大豆・ゴボウなどの不溶性の食物繊維の2種類があります。両方の植物繊維をバランスよく摂るようにしましょう。

 

 

この他に、顔の脂肪を解消するなら、生姜やニンニク、玉ねぎ、黒コショウなどがおすすめです。
血行促進や脂肪分解の効果があります。

 

また、塩分や糖分は控え目にしましょう。
塩分の多い食べ物や、砂糖が入っている食べ物は、顔がむくむ原因になります。
たとえば、お菓子をやめるだけでも、だいぶ違ってくるので試してみてください。

 

あとは水分もしっかり摂ることも忘れていはいけません。体内の老廃物を尿で排出してくれます。
そのために、カリウムや植物繊維などの利尿効果が高い食べ物を適度に摂るといいでしょう。
カリウムはバナナやきゅうり、アボカドなどに豊富に含まれいます。

 

食べ方も重要

食事をするときはしっかりと噛むことが大切です。
顔の筋肉の活性化にもなりますし、消化にも良いです。
また、よく噛むことで脳にある満腹中枢を刺激してくれるので、早い段階で満腹感を感じ、過食を抑えてくれます。

 

食べる順番は、消化の早い野菜から食べると良いでしょう。
その際も、しっかり噛むことが大切です。
野菜を一番最初に食べることでダイエット効果が期待できます。
血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので、余分な脂肪を作りにくくしてくれます。

 

それから、寝る3時間前からは何も食べないようにしましょう。
寝る前に食べてしまうと、食べ物が消化されず胃に残ってしまい寝ている間に脂肪になってしまうからです。

 

 

以上、顔を小さくする食べ物や食事の仕方についてご紹介しました。
意識するかしないかで大きな差が出ます。ぜひ実践してみてください。

  スポンサーリンク

顔を小さくする食べ物でむくみを解消!関連ページ

原因別の改善方法
顔が太る原因別に改善方法をお伝えします。脂肪太り・むくみ・筋肉太り・たるみ・骨格の歪みなど。
女性の場合
女性に向けた顔を小さくする方法を掲載しているページです。顔のエクササイズからリンパマッサージ、たるみ対策の他、メイク方法などについてもお伝えしています。
男性の場合
顔が大きくて悩む男性に向けて、男性向けの顔を小さくする方法をまとめてみました。顎の筋肉を減らす方法や表情筋を活性化させる小顔体操など。
中学生の場合
中学生や高校生に向けた顔を小さくする方法をお伝えします。顔痩せマッサージのやり方、むくみを解消する洗顔方法、小顔に見せる前髪のポイントなど。
面長を短くする方法
面長顔を短くする方法をご紹介します。長い顔を小さくするには、二重あごの解消や口の閉じ方などを行うといいでしょう。また、メイクや髪型などについても詳しくご紹介します。