顔を小さくする方法 女性

顔を小さくする方法 女性編

このページでは女性向けの小顔ケアについて大まかに解説します。

 

顔のお肉(脂肪)が気になる場合は、まずはダイエットを行いましょう。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動に加えて、食べ過ぎに注意するだけでも、顔のお肉は徐々に減っていきます。

 

 

顔のむくみに関しては、リンパマッサージを行なうといいでしょう。
リンパ節へ向かって流すようにやさしくマッサージします。
顔の近くにあるリンパ節は、耳の後ろと鎖骨です。この場所に向けて内側から流してあげましょう。

 

むくみ対策として水分の取り過ぎには注意してください。
よく「水をたくさん飲むと美容にいい」という話を耳にしますが、必要以上の水分補給はむくみの原因になります。
人間が1日に排出する水分量はおよそ2.3リットルですので、この量だけ水分を補給すればいいのです。
ただし、食事などで約0.8リットルは補給されるので、残りの1.5リットルが飲料水などで補給する水分の目安になります。

 

 

皮膚のたるみも顔を大きく見せる原因になります。
たるみを改善するには、顔のエクササイズを行なうといいでしょう。
舌を出して上唇をなぞるように左右に動かしたり、口を閉じた状態で舌をグルグル回したりする方法がおすすめです。
これらの運動は、口のまわりを引き締めて、二重あごを改善する効果があります。

 

皮膚のたるみは食事でも改善することができます。
加齢とともに減少していく女性ホルモン「エストロゲン」は、しわやたるみを改善する効果があります。
これとよく似た効果をもたらしてくれるのが、大豆イソフラボンという栄養素です。
大豆イソフラボンは豆腐や豆乳に多く含まれています。豆腐なら1丁、豆乳なら200mlパック1本が1日に摂取する目安です。

 

 

小顔グッズを使ったケアもおすすめです。
コロコロ小顔ローラーやリフトアップベルトなどは一定の効果が得られます。

 

女性の場合はメイクによって顔を小さくみせることができます。
たとえば、丸顔の人なら、顔の各パーツをできるだけ縦に強調してみてください。
また、シェーディングなど顔を細く見せたり、立体的に見せたりすることもできます。
逆に面長顔の人は、横のラインを意識してメイクします。

 

さらには髪型や服装などでも視覚効果で小顔に見せることができます。
詳しい解説は他のページに記載してありますので、ぜひ参考にしてみてください。

  スポンサーリンク

顔を小さくする方法 女性の場合関連ページ

原因別の改善方法
顔が太る原因別に改善方法をお伝えします。脂肪太り・むくみ・筋肉太り・たるみ・骨格の歪みなど。
男性の場合
顔が大きくて悩む男性に向けて、男性向けの顔を小さくする方法をまとめてみました。顎の筋肉を減らす方法や表情筋を活性化させる小顔体操など。
中学生の場合
中学生や高校生に向けた顔を小さくする方法をお伝えします。顔痩せマッサージのやり方、むくみを解消する洗顔方法、小顔に見せる前髪のポイントなど。
小顔効果のある食べ物
小顔効果のある食べ物についての情報ページです。顔を小さくする食べ物や食事の仕方について詳しくお伝えします。
面長を短くする方法
面長顔を短くする方法をご紹介します。長い顔を小さくするには、二重あごの解消や口の閉じ方などを行うといいでしょう。また、メイクや髪型などについても詳しくご紹介します。